読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共働きサラリーマンの家計簿

中年太りが気になる僕の仕事・投資・ゲームのブログ

ウォーキングデッドシーズン4を見たので感想やらネタバレ

f:id:shunpon:20170307193618j:image

シーズン3から約1週間で全部見てしまった。ウォーキングデッド恐るべし…面白すぎるねん( ´_ゝ`)

これまでのシリーズはコミュニティでの争いが主だったんだけれどシーズン4に関しては少し趣向が変わった。

サイコパスおじさんフィリップを含めて、離れ離れとなってしまった登場人物たちが聖地と呼ばれる場所へ向かうまでの個々のストーリーが展開される。

これがまたホントよく作られてて益々登場人物の魅力が増していくのだ。ダリルとかダリルとかダリルとか…(´∀`)

結局シリーズ1からを通してずっとまともな人ってダリルとグレンくらいだよな…グレンはマギーしか言わなくなったからもはや人外だけど。

 

ウォーキングデッドシーズン4のあらすじとネタバレ(簡易)

f:id:shunpon:20170307065234j:image

 

すっかりみんなのリーダーからただの農作業大好きおじさんに変わったリック。刑務所内は束の間の平和を続けていたが物資の調達に向かったベスと恋仲の男の子がウォーカーに殺された。ベスはもう悲しまないと言う。可愛い。そんな中でキャロルおばさんは危機意識をちゃんと持っていて子供にナイフの使い方とかを教えていた。

 

刑務所内でもともと体調不良を訴えていた1人の子が夜に亡くなりウォーカーへと転化。死因は何らかの菌による病死と推測したが治し方は分からず。そしてそのD棟内は咳き込む人多数だったので隔離をすることに。そんな中また刑務所はウォーカーに襲われる。リックは大切に育てた、しかし感染元となったかもしれない豚たちを使ってウォーカー撃退。

 

感染はとどまることを知らずどんどん拡大。そんなある日の朝。タイリースが恋人カレンのいるD棟へと向かうと恋人は何者かによって黒焦げにやかれていた。そしてついにはグレンも発症。これ以上の被害の拡大を防ぐためにダリルらは動物病院に薬を取りにいく。そんな中リックはキャロルと行動を共にする中でタイリースの恋人を焼いた犯人がキャロルということを知る。そして刑務所にはもういさせることはできないと、食料を渡してキャロルと決別。

 

リックが刑務所に戻っても感染症はとどまりを見せず続々と死ぬ人がでる。更にはグレンまで吐血、そしてウォーカーの襲来。リックと珍しく息のあったカールとのコンビの活躍もありなんとかその場を乗り切ると待ちに待ったダリル御一行が待望の薬を手に帰ってきた。翌日には死にかけだったグレンも快方に向かう。

 

舞台は急に変わってフィリップのあれからに…

正気を失ったフィリップだったがある家族に拾われることに。そこに滞在して自分を取り戻していくフィリップ。その家族の父親の死もありフィリップたちは家を出る事に。しかしそこでまたゾンビに襲われる。家族を必死で守る中であるグループと遭遇する。そのグループのリーダーはマルティネスだった。

 

マルティネスらのグループに溶け込んだかのようなフィリップだったけれどやっぱり彼は自分がリーダーでないと気が済まない 笑。マルティネスを殺し自分がグループのリーダーとなった。そして目標を定める。さらなる安全な場所を奪いにいくと。それはリックらのいる刑務所のことだ。

 

フィリップは早速刑務所へと向かいハーシェルとミショーンを捉えて人質とし、完全武装した仲間を引き連れてリックたちに要求した。日没までに刑務所出て行かないとこいつら殺すよと。すっかり農作業おじさんと化したリックはフィリップに一緒に住もうと提案するもフィリップはそれを却下。そしてハーシェルを斬首する。銃撃戦となりフィリップはミショーンに刺され死亡。しかし刑務所内は戦火に包まれてみんな散り散りになってしまった。リックはカールと共にジュティスを探す路時に出る。

 

カールとリックは家を見つけそこで一夜を過ごす。カールはリックに対して苛立っていたがやはりそこは親子。ホンネはリックが大好きだった 笑 。フィリップとの戦いの中で死にかけだったリックもやっと体調を戻していき、またミショーンと無事合流を果たした。

 

舞台は変わって山の中。ダリルとベスは一緒に彷徨っていたが関係は微妙。一方タイリースはジュディス、リジー、ミカを連れたキャロルと合流。マギー、サシャ達はグレンを探すも見つからず。なぜならグレンはまだ刑務所にいたのだ。グレンは気を取り戻し、そこでタラと出会い刑務所を出る。だが体調はまだ全快しておらず倒れてしまう。そんな絶望の中でタラと意識を失ったグレンはまた新たな集団に会う。

 

彼らは科学者で世界を救うためにワシントンにユージーン博士を送り届ける途中の集団だった。気を取り戻したグレンにエイブラハムは協力してほしいと要請するもグレンはマギー病なのでそれを却下。そして喧嘩してたらウォーカーがきて車が故障。結局エイブラハム達はワシントンにいくのを中断してグレンについていく。

 

一方リック、ミショーン、カールは束の間の幸せを家の中で味わっていた。しかしそれも束の間、ミショーンとカールが食糧調達に出かけると、いかにも悪そうな奴らが家へと入ってきた。目が覚めたリックは急いで家を出てカール、ミショーンと共にある一方向に線路の上を歩き始めた。

 

 またまた舞台は変わってダリルとベス。2人の中は相変わらず微妙だったけれどお酒を飲んで本音を言い合った結果めっちゃ仲良しに。そして教会へと着いた。そこは飲み物食べ物がいっぱいあり天国かと思われたけれどやはりそれも束の間。夜にウォーカーの襲撃に遭いなんとか逃げ切るもベスは一台の車に連れ去られてしまった。ダリルが落ち込んで線路にいるといかにも悪そうな集団と出会うことに。

 

キャロル、タイリース、リジー、ミカははジュディスと共に線路の上を終着駅に向かって歩き続ける。途中で家を見つけて休む御一行。庭でウォーカーと遊ぶリジーを叱ったキャロルだったがリジーのサイコパスさはとどまることを知らない。ミカを殺すリジー。そして言う。待っていれば戻ってくると。キャロルはリジーを殺して2人を埋葬した。そしてその夜キャロルはタイリースに刑務所でカレンを焼いた人は自分であることを伝えた。それをタイリースは許しそして彼らもまた線路の上を歩いて終着駅を目指した。

 

タラとグレンは線路を歩き続けるなかでマギーの書いたメッセージを見つけついには、マギー御一行とグレンたちは再会を果たす。そして彼らもまた線路の上を歩き終着駅を目指す。一方いかにも悪そうな奴らと出会ったダリルだったが意外と順応していた 笑

 

リック、カール、ミショーンは終着駅に向かって歩く中で先ほど家を奪われた御一行たちに襲われる。しかしその御一行の中にはダリルがwダリルはもちろんリックらを助けようとするがそれに対して言うことを聞くわけもなく更にはボコボコに殴られるダリル。そしてそれを助けようとしたリックはリーダーの首を噛みちぎり見事形成逆転。

そんなこんなでリックらはダリルと合流。ついに目的地である終着駅に。一瞬暖かく迎えてくれた終着駅の原住人たちだがリックは彼らのリーダーのポケットにグレンの時計があることを見のがさず。そして銃撃戦に。

リックたちが追い込まれた先のコンテナにはグレン、マギーが!

一体これからどうなってしまうのか!!

 

いやーまた超長くなった。w

 

シーズン4を見ての感想をもう一度

f:id:shunpon:20170307193605j:image

結構あらすじ書いてると、まあ色々ドッタンバッタン起きてんなーw衝撃だったのはフィリップをあれだけ引っ張っておいて意外とあっさり殺したこと。

あっここで死ぬんや。100匹くらいのウォーカーに素手で向かっていっても死にそうにない設定の人やったのに…

 

そしてまあシーズン3くらいから違和感感じてたけど更にグレンがマギーしか言わなくなった。でも仕方ないね。童貞が拗らせるとまあこうなるよね(^_^)

 

一方ダリルさんは、もうね。カッコよくて可愛くて強いけど弱くて。

好き!

みんなあんたのこと好きやで!

って日本から物資届けたくなる。

 

あともう1つの衝撃がリジー。シーズン4で1番怖いのはこのエピソードだ。てか脚本家もゴタゴタ劇の合間にこんな話持ってこれるよなー。素直に凄いとしか言えない。

 

シーズン5は始まりからもうドタバタ必至になりそう。めっちゃ楽しみだ!(とか言いながらもう半分くらい消化済み)