読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共働きサラリーマンの家計簿

中年太りが気になる僕の仕事・投資・ゲームのブログ

保育園の入園通知と料金のお知らせ

11月に保育園の面接。書類を提出。

第一志望のところの面接の時に15人くらいの乳児の受入に40人ほどの応募があるという話は保育園からきいていた。

また、兄弟がすでに通っている所の方を優先しますとの話もそこできいたようで。まあ無理だろーと思いつつも市への申請書には第3希望の保育園まで記入。第3希望のところが落ちることはさすがに例年の応募状況からも考えにくいと言われた。

東京だったらまずは認可保育園に入れるかどうかもわからないという話は聞くので。まあそういうことはないかとほっとしたりもしたけれど。

 

 

 

保育園からの入園審査の結果は落ちたときしかこない

 

 

結果については、市より12月中に、もし第一希望に落ちた場合のみ連絡しますと言われて。落ちた場合だけ連絡ってマジでかかって来る電話全てが怖かったと後に嫁は語るw

 

まあ無理だろうねーとか夫婦でいいながらも12月半ばを過ぎてくるといやでも期待してしまう。僕に至っては縁起が悪くなることをおそれて嫁さんに、今日、市から電話あった?と聞くことすら控えていた。まあダメだったら言うだろうしなと。

 

とくに市の最終営業日であろう12月28日はビクビクお互いしまくっていて、夜に喜び合ったほど。

ただ、ダメだったら12月に連絡しますとは言われたけれど受かった場合についてはアナウンスなしってのは結構疑心暗鬼になる。

もしかして手違いで連絡してないだけじゃ?ほんとはどこの保育園にも入らなかったとか言わないよなとか。そんなことがたまに脳裏でよぎったりもして。

そうして1月も終わり、2月になり。

 

2月になりようやく入園通知を見ることができた

 

 

昨日1通の手紙が市から来た。

入る保育園、入園式のご案内(4月5日の水曜だった)、金額についての連絡だった。金額が思っていたより少しだけ安くて毎月44000円ほど。2000円の差だけどなんか嬉しいw

まあこれでも高いけれど手のかかる子供を見てもらうわけだから仕方ないよなあとも思う。

 

入園式って親はいくんだろうか

 

 

入園は4月1日の土曜日から。1日は土曜日なので多分行かせないけれど。ってか入園式にはみんな行くんだろうか。

普通に有給とって行きたい…でも有給とって子供の入園式に行くお父さんってちょっと痛いヤツに見られるんかなあ。

 

でも行きたいなあ。どういう子供達と接するのかとかもだけど子供の初めての社会生活記念だし写真もとりてー!

 

ああ、こういう親が子供の就職活動の面接について来るのかもしれない…

やばい。

と今こうしてブログを書きながらふと思った。

 

自重するかなあ。でも行きたいなあ。

嫁さんに聞いてみよっと。