読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共働きサラリーマンの家計簿

中年太りが気になる僕の仕事・投資・ゲームのブログ

12月のボーナスと手取り

12月のボーナスが出たー!

 

今朝起きた瞬間マネーフォワードで口座確認したくせに朝に上司に『今日、ボーナス支給やけど確認した?』と言われて

『あっそういえばそうでしたね』と喜びを隠した。

僕はまだ厨二病を発症してる可能性がある。

 

 

28歳中堅食品メーカーの僕のボーナスの支給額

 

支給額は640000円だった。

多分悪くも良くも無い評価だったんだろうなあ。というか上司と話して聞くぶんには、どうも経理というセクションはだいたいそんな感じ。年齢上がってけばまあそれなりに比例しますよとの事。

経理の評価って難しいよね。

残業もしてないし、休日出勤もないのに28歳でこれだけもらえてれば十分なんかなあ。

世の中の大手のサラリーマンはもっともらっているようだけれど上を見たらキリないか。

 

 

働き方と年収のバランスって大事だよね

 

正直なとこ、そこまで給与も賞与もあげてくれないでいいから今の労働環境が続いて欲しい。

 

7時半にはごはんを食べて8時からランニング。そのまま子供と嫁とお風呂に入って10時から12時までゲームして寝る。

大した事ないふつーの毎日なんだけれどこれほど貴重なことも無いのかなって思う。

子供や嫁と話しながら夜ご飯を食べることってお金を積んでできる経験でもないから。

 

だからまあ、あんまり欲しがらずに今を大事に噛み締めて生きて行こうっと。嫁さんのほうが収入多いのは少しだけ情けなさもあるけれどw

 

 

ボーナスから控除された金額が大きすぎて涙目

 

てことで支給された賞与640000だけれど口座に振り込まれた額は10万以上引かれて536178円だった。

控除された内訳は

 

健康保険31904円

厚生年金58182円

雇用保険2560円

所得税11176円

 

合計して103822円

いやあ。キツイw

 

年末調整は1月支給の給与でうちの会社はされるので所得税11176円に関しては暫定的とはしても。それでも10万円以上こうしてもってかれるとなんか国に対して恨み節に…

社会保険高いなあ…

まあそのお金がいつか返ってくると無理やり自分を納得させるしかないよなあw

 

事業主が半額折半という時点で厚生年金の仕組みはどんな個人年金よりも返戻率が高い。

そして子供をもって知ったのだが、育児休業中の間はそれまでの月額の給与で厚生年金を払ったとみなしてくれるという神制度もあったりする。

なんだかんだ厚生年金が崩壊することない、というか崩壊してる=円の価値が崩壊している時だから日本に住んでいる以上は厚生年金はある程度信用もしていくべきなんだろうなあ。

 

今後に期待。

 

6月のボーナスが早くも待ち遠しい。

嫁さんにシュークリームでも買って行こうと思ったくせに案の定忘れたからまた今度にしようっと。