読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共働きサラリーマンの家計簿

中年太りが気になる僕の仕事・投資・ゲームのブログ

S&P500指数に対するインデックス投資のコスト比較をした 【投資信託・国内外ETF】

実際にS&P500指数に連動する投資一覧においてのコスト差は自分にどこまで影響するのだろうか。信託報酬何パーセント!とか言われても金額のイメージって付きにくいよね。 同じような人もいるかとおもったので参考になるかどうかはわからないけれど、ちょっ…

【保険】新卒が老後の心配する時代【投資】

新入社員たちに新人講習をした。休憩時間にマネーフォワードを教えてあげたら凄い感謝されて良かった。 なんだかんだ使い始めてからもう2年近く経つなぁマネーフォワード。一回も課金した事はないが( ´_ゝ`) 休憩時間に談笑する中で聞かれた事。 『やっぱり…

1億貯めても資産の目減りが怖いのか

60歳までに1億貯めたらさ。 月に20万。年間250万使ったとしても40年も持つね。100歳まで安心だね。 65歳からは年金ももらえるしね。だから老後の人生楽しいね。 と今まで思っていたけれど間違いだと最近気づいた。 いくつになろうと資産の目減りは不安要因 …

NISA積立はimizuho米国株式インデックスに決定①

ものすごい妥協の結果。ベターではあるかもしれないけれど間違いなくベストではないなあ。今の低コストインデックスファンド価格競争において先進国株式という大まかなクラス分けで考えると税込0.6156%という信託報酬は高いとまではいかないが決して安くない…

投資におけるリターンとリスクを分かりやすく解釈してみた

インデックスファンドを調べるとまず行き当たるのがこの問題。 実際僕もよくわかっていなかったので重い腰を上げて整理してみた。 リターンはまぁ意味分かる。過去をさかのぼって対象期間を定めた上でそれを年数で割り、平均化する。そうすればいろいろ増減…

来月からの積立投資なんにしよ。

とりあえずNISA枠。まあ使い切らないけれど3月から嫁と僕と共に10万ずつ。 いろいろ情報見てるとVOOやらVTやらどうしバンガード社の海外ETFが一番経費率が低いとかで気になってくる。 VTは世界の株連動。VOOはアメリカ株連動みたいな感じでとらえればいいの…

確定拠出年金の出口を書いたコラムがない

節税、節税はもう分かった。 23000円を月々にかけたら住民税が27600円、所得税が28000〜56000円くらい徳になりますよ。 シュミレーションもいっぱいしてくれてありがとう。かけている時だけだけど。。 もうそんな話はいっぱい読んだんだ。FPさんがたよー(*´-…

積立NISAが20年で年間40万に決定(積立NISAと現行NISAの比較)

10年になったり20年になったり年間40万だったり60万だったり。 いろいろコロコロ変わる積立NISAだったけれどやっと決定ということで。 ヤフーニュースのコメントを見るのが僕は結構好きなんだけれど案の定批判されてばかりだった。 ただ、批判のコメント…

積立NISAが20年から10年に…(また変更)

なんでやねーん(^q^) どうせ20年とか前列ないからちょい様子見とこうみたいに日和ったんだろうけど… このままじゃだーれもやらんでー

優待目当ての株を考える

といいながら、昨日は17000を超えた日経平均なので買い悩むとこだけど。 優待目当てでネットで株を調べると各社いろんなサービスをしている。 伊藤園とかダイドーとか飲料系はそれらの詰め合わせ。 やたらでるメガネスーパーはメガネの仕立券だっけ。

老後資金1億円も貯める必要ない件

年金貰えないとかいろいろ煽りがネット上でも叫ばれるけどまあそんなことはあり得なくて今より支給条件悪くなるだけと思う。 他の先進国をみても年を追って段階的に67.68歳からの受給としていたりはしているが、崩壊してるとこなんてひとつもないんだよなあ。

【楽天証券】手数料のみで確定拠出年金どこがいいかを比較してみる【SBI証券】 9/26再訂正済

来年度からの税制改革ということもあり、(まぁ我が家はそれとか関係ないけれど)いつ始めるの?今でしょっ!って感じの確定拠出年金。 今のところは2017年から満額である23,000まで掛けることは様子見しようと思っているけれど、負担にならない程度の額…

20代後半が考える早期退職したくない理由 その②

shunpon.hatenablog.com の続き 僕が早期退職したくないと思う理由 なんだか早期退職した人を中傷するようなことを書いてしまいそうだけれど、これはあくまで一個人としての僕の考えなので悪しからず。 批判したいわけでもないし、個々の幸せはそれぞれが感…

20代後半が考える早期退職したくない理由 その①

結論から言うと自分にとって、投資は生活を支えるものではあってほしくない。共に歩いていくものみたいな考え方をしていきたい。 だから早期退職なんかは投資でいくら儲かろうと考えていない。

配偶者控除がなくなると手取りがどれだけ変わるのか計算してみた

なんか最近毎日ニュースになってるので気になって調べてみた。 条件として設定したのはこんな感じのケース。 ①奥さんがいて子供が2人(子供の年齢は2人とも中学生以下なので扶養親族ではない) ②医療・個人年金・生命保険に入っていない(保険控除なし) ③確定拠…

20代後半が考える今後の年金支給について

僕は周りの予想とは違うけれど年金に対してとても甘い考えをしている。 自分は今28歳だけれど、まあ70歳くらいからは間違いなく支給されると思ってる。甘いのかなー。 年金が貰えなくなるから払わないという意見が間違っているとかは言うつもりは特になくて。